読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ軍曹(BSジャパン:本放送から3日遅れ)

視聴四日遅れ。

#306『しゅごケロ どっきどきパーティー! であります』

♪スキャ〜 スキャスキャスキャ〜。
パースー丸尾兄弟3 \4,500
しゅご精霊がwww
しゅご精霊殿のおかげで有意義な買い物が。
しゅご精霊がもう一人。
しゅご精霊同士でケンカにw(というか、声は両方ともケロロと同じ渡辺久美子さんだよね?)
また一人。
ランとミキとオルテガ。(オルテガ以外はキャンディーズが元ネタか?)
3人揃ってしゅご精霊パーティー!
「買わずに後悔より買って後悔!」
財布がアンロック。
mamazonの箱がたくさん。
このままでは先立つもの、いわゆるマネーがエンプティ。
工事現場や窓拭き、露天商で生計を立てだすケロロ
ライフ イズ ワンダフル…。
ケロロの貯金の残額が1,500円に。どんなにバイトしてもとてもお金が足りない。
必至に買い集めてきたものを売って本当に気に入ったものだけを手元に残せばいいとしゅご精霊に言われるケロロ
ギロロまでスキャスキャ言いだしたw
ギロロにケロロのことを相談する冬樹。
売って買って売って買い叩く…。
クルルによって吸い取られるコレクションとしゅご精霊たち。
しゅご精霊ではなく、知的生命体に取り憑きその欲望のエネルギーを吸収して生きている宇宙生物だった。
ケロロの物欲が大きすぎて、普通は微生物くらいのサイズのものが大きく成長していた。
ケロロ「あのしゅご精霊たちの声が、我輩の心の声だったかもしれないであります。でも今は、別の声が聞こえて来るであります。欲しいものなんて、いくらでもある。だけど、子供の頃のように、たった一つ、本当に大切なものだけあれば、それが幸せなんじゃないかって。」
スキャスキャ曹長にコレクションを宇宙に捨てるよう頼むケロロ
ケロロ「これで、よかったんであります。身の丈を越えた欲望は、身を滅ぼすだけでありますから。」
一瞬、懐かしいアイキャッチが。
捨てたのを後悔するケロロ
また買いなおし始めるケロロ

#306『ドロロ ドロ郎がくる! であります』

しゅご精霊騒ぎの夜にドロロが小雪にそのことを話してる。その場にいなかったのに。
呼ばれなかったのは気を使ってくれたんだと小雪に言われて一人納得のドロロ。
ドロロのところにしゅご精霊が。
ドロロのことをつい忘れててドロロのケーキを食べちゃったタママ。
しゅご精霊に恨むようそそのかされるドロロ。
こ・の・恨み・は・ら・し・て・み・せ・る・で・ご・ざ・る…。<魔太郎www
タママを格納庫に呼び出してメラメラメラメラ ドロ〜ン!<www
ドロロ〜ン!
タママ、たくさんケーキを食べさせられる。
メディカルセンターに連絡。吐いちゃったタママ。
射撃場に来るドロロ。
ギロロ「さすがのアサシンも、射撃は苦手のようだな。」
射撃の手ほどきを受けたいとギロロを呼び出すドロロ。
鬼の格好をさせられ射撃の的にされたギロロ。
それを見たクルル「誰だか知らねえが、つまらねえことやってくれるじゃねえか。」
クルルのラボに来たドロロ。
ラボで美少女の面白い格好で縛り付けられたクルル。
それを見たモア「こんなやり方でみなさんを襲うなんて汚すぎます。ってゆ〜か、最低最悪。」
秘密基地で襲われるモア。
モアの上の天井から突然ソフトクリームが降ってきた。
ドロロのことを伍長と間違えるケロロ。二等?新兵?最近ドロ舟ドロ沼と呼んでいたので度忘れしてしまった。
ドロロが変身したので逃げるケロロ
ケロロ、夏美と冬樹のところへ。
夏美「ちょっとドロロ!バカなことやめなさい!」
夏美の悲鳴に駆けつける小雪。
ドロロではなく、恨みの塊、ウラミドロ郎になっていた。
小雪「そんな!?ホントのドロロはどこへ言ったの?私のドロロは、丸腰の夏美さんに刃を向けるなんて卑怯なマネ、絶対しないよ!」
しゅご精霊が登場。
こ・の・う・ら・み…。
正気を取り戻したドロロ。
しゅご精霊を倒したドロロ。
ケロロにドロロ三等兵と言われるドロロ。
ケロロとドロロ以外の小隊のみんなにしゅご精霊が取り憑いてしまった。
ドロロ「いっぺん死んでみる〜?」