読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォルツァ!ひでまる(ビデオで最初から最後まで見てみることにしてみる)

#15 トルネードシュート!

全国大会の常連で、全国大会で5回か6回優勝しているFCウィナーズが、FCひでまるのある街にやってくることに。サッカー協会がこの地方のサッカーのレベルアップを図るために全国でも指折りの強豪チームを招待することになった。
FCウィナーズが試合をするのは、春の地方大会で優勝したクラブNo.1と、東部、南部、西部、北部の4地方から選ばれた選抜チーム。選抜チームは春の地方大会に出場した選手から選ばれることになっている。
全国レベルのチームがどういうものかこの目で見られるのだからいい勉強になるという千の丞。
その試合の4日前。FCひでまるはチーム練習。
練習が終わって、蘭丸がサッカーシューズを買いに行くというので、一緒についていくひでまる、ナナ、レイ。
小型ヘリコプターで上空を飛んでいるワルサ兄弟。ワルサワン(兄)、着いたら、ピッツァと、スパゲティ5人前ずつ食べる予定。
ヘリコプターが故障。
スポーツ用品店の前にいたひでまる達のところに墜落していくヘリコプター。
逃げるひでまるたちの前に買い物を終えたフローレンスが。フローレンスも一緒に逃げる。
なんかものすごいスピードで墜落していくヘリコプター。ダンボールの山にぶつかって止まる。ひでまる達もダンボールの山の中。
ひでまる「何だよ、お前ら!どういうつもりだ?」ワルサツー(弟)「しようがないだろ、ヘリコプターが急に故障しちまったんだから。」ワルサワン「まあ、命が助かっただけでもラッキーだと思え。」ひでまる「何!?」フローレンス「ラッキーなのは、あなた達じゃなくって?」
ワルサワン、フローレンスに一目ぼれ。
フローレンス「顔は女の命なのよ。特に私のようなとびっきりの美女にとってはね。」<w
フローレンス「もしこの美しい顔に傷でもつけていたら、あなた達の命はなくってよ。」と去っていく。ハァハァしながらフローレンスの後を追いかけるワルサワン、その後を追いかけるワルサツー。
蘭丸、ヘリコプターの修理を始める。レイ「蘭丸、機械にものすごく強いのよ。」
ドルフが通りを歩いてきた。ドルフに気づいて出迎えるひでまるとナナ。
ドルフ、エンジェルスのことではるばるやってきた。ひでまるにどうかしたかと問われて泣き出すドルフ。エンジェルスがあえなく解散させられてしまった。FCエンジェルスのオーナーはクラブ経営で膨れ上がった借金を返すために、キャンプ地を欲しがっていたスポーツアカデミーNo.1に仕方なくクラブを売ることになった。正式に決まったのはつい2週間前のこと。
スポーツアカデミーNo.1はエンジェルスをそのまま残してくれると言ってくれたが、すぐその約束を破って、FCエンジェルスを解散して、施設をクラブNo.1のキャンプ地にすると発表し、FCエンジェルスのメンバーを練習場から追い出して立ち入り禁止にした。
そこで、ドルフが代表してゲオルグ公爵の秘書にもう一度考え直してくれるよう頼みにこの町にやってきた。だが、居留守を使われてあってもらえない。
ドルフをFCひでまるのクラブハウスに誘うひでまる。
そこに、アレキサンダー兄弟のペレスとラルスが。先ほど汽車でこの町に着いたところで、これからクラブNo.1のスタジアムで選抜チームの練習があると言う。選抜チームは明後日にクラブNo.1の二軍と練習試合をして、土曜日の招待試合に臨むことになっている。見に来るよう誘われるひでまる。快諾するひでまる。その場を去るアレキサンダー兄弟。
また買い物をしているフローレンス。そこにワルサ兄弟が。花束を渡そうとするワルサワン。
フローレンス「おほほほほ。冗談がお好きなのね。鏡を見て、自分のお顔とよく相談することね。」ワルサ1「男は顔じゃない、愛だ。」フローレンス「両方よ。仮にあなたが百万本の、いえ、一億本のバラを持ってきても、あのお方のバラ1輪には敵いっこなくてよ。」ワルサワン「あのお方?誰のことだ?」フローレンス「ああ、私のバラの君、愛しのジョー様!」ワルサワン「な、何者だ、そいつは!」フローレンス「FCひでまるのエースストライカーよ。」ワルサワン「FCひでまるの」ワルサツー「エースストライカー?」フローレンス「この世で私の一番大事な方よ。私とあの方は強い強い愛で結ばれているのよ。」
去っていくフローレンスの車。
ますますフローレンスのことを気に入るワルサワン。気が強くてプライドが高いのが自分にぴったりだと思いますます気に入る。
ワルサワン、記念すべき100回目の一目ぼれ。<数えてたのか
CM入り「サッカーは、スピードとパワー。あ、アロハ、は、8番、ハヤカゼ。」
CM明け「9番、キュータロウ。サッカーはルールを守ってフェアプレー。」
フローレンス、ここ2・3日ジョーに会ってないと、ジョーが元気か心配になる。車を降りるフローレンス。
蘭丸のところに戻ってきたひでまる、ナナ、ドルフ。レイはダンボールの山の上から蘭丸のやることを見下ろしている。
ひでまる「おい、蘭丸。いい加減にしてシューズ買いに行こうぜ。じゃないと、選抜チームの練習始まっちゃうぞ。」レイ「集中すると何にも聞こえなくなるのよね。まだ掛かりそうだから行っていいわよ。私、蘭丸に付き合うから。」ひでまる「じゃあ、シューズは練習を見た後だ。行こうぜ。」
スタジアムに練習を見に来たひでまる、ナナ、ドルフ。
ひでまる、アレキサンダー兄弟以外知らない奴ばかり。ドルフが言うには、選抜チームはアレキサンダー兄弟を筆頭にいい選手が揃っている。
アレキサンダー兄弟と同じ北部地区のFCロイヤルズのMF、氷の貴公子サモンジュニア。冷静な判断力と精密機械のような正確なキックが得意。
西部地区のFCナイツの三銃士。コンビネーションプレイは高く評価されている。
西部地区のFCタイガースのMF、T・J。華麗なボール捌きから足の魔術師と言われている。
ひときわ目立つ巨漢が、FCスターズのFW、青き怒涛の異名を持つガオー。猛然と突進するド迫力が地響きを立てて押し寄せる荒波に似ているからそう言われている。
ドルフと同じ南部地区のFCブレーブスの鉄壁のキーパー、ギブロ。
ジョー「いやに詳しいじゃないか、ドルフ。」
ジョーが来てた。
ドルフ「わしらの街では、ほとんどのチームがキャンプをやるき、各チームの中心選手の顔はほとんど知ってるぜよ。」
上空にヘリコプターが。
ヘリコプターには、前の席にワルサ兄弟、後ろにレイと蘭丸が。
ワルサ兄弟のことも知っていたドルフ。ドルフと同じ南部地区のFCハリケーンズの選手だった。兄弟だったことを初めて認識したらしいひでまる。
自分達のことを南海の暴れん坊と呼ぶワルサワン。
ワルサ兄弟が選抜されているとは知らなかったドルフ。
ひでまる「蘭丸、おまえ、このヘリコプター本当に直したのか?」ナナ「すごーい。」蘭丸「大したことじゃないよ。電気系統をちょっといじっただけだもん。」<大物の予感
ドルフを見てビックリするワルサ兄弟。
ドルフのチームが解散したことを笑い話にするワルサ兄弟。
FCひでまるというチームのことを聞くワルサ兄弟。ひでまるのチームだと知って、今度は、エースストライカーを聞くワルサワン。自分だと答えるひでまる。勘違いするワルサ兄弟。
ワルサ兄弟、ひでまるに勝負を挑むことに。ワルサ兄弟の必殺トルネードシュートをひでまるが受けることに。ワルサ兄弟が勝ったらあの方のことはあきらめることに。あの方がさっぱり分からないひでまる。
いつの間にか勝負の様子を見ているジョー。
ワルサ兄弟が同時に2個のボールをシュート。10本のうちたった1回でもいいので、同時に2個のボールを阻止したらひでまるの勝ち。
ワルサ兄弟が3年がかりで完成させた必殺トルネードシュート。
1本目のシュートを食らって止められないひでまる。
そこにフローレンスが。
シュート失敗。止めたひでまる。
ジョーのところに駆け寄るフローレンス。
フローレンスが言っていたことを真に受けて、ひでまるがエースストライカーだとまだ信じられないワルサ兄弟。
そこにアレキサンダー兄弟が。ワルサ兄弟がこなくてチーム練習ができずにみんな困っていた。
それどころではないというワルサ兄弟に対して、選抜チームのキャプテンである自分の言うことに従うように言うペレス。
ひでまる「それにしても、あの必殺トルネードシュート、すごかったぜ。あんなの試合でやられたら、どんなキーパーだって止められないぜ。」蘭丸「でも、心配ないよ。試合じゃ使えないんだもん。だって、必殺トルネードシュートって、ボールが2個ないとダメなんでしょ。」
歩いていたひでまる達の前方に、ゲオルグ公爵の秘書の姿を見つけるドルフ。
秘書の車の前に立ちふさがるドルフ。
土下座をしてまで秘書に考え直してくれるよう頼むドルフ。
これ以上付きまとったら警察に連絡するといわれてしまう。
秘書の首根っこをつかむドルフ。
ジョーに肩を叩かれてやめるようにいわれるドルフ。ジョー「こんなことをしても何にもならない。お前が損するだけだ。」
ドルフ「このままじゃ、みんなに顔が立たんぜよ。帰るに帰れんぜよ。」
ドルフ、帰るに帰れなくなってしまった。
ひでまる「なあ、ドルフ、俺たちと一緒にサッカーやろうぜ。いや、ぜひ一緒にやってほしいんだ。俺たちも打倒クラブNo.1を目標に頑張ってるんだ。夏の全国大会の地方予選では、絶対にクラブNo.1に勝って、全国大会に行ってみせるぜ。」
ひでまる、ドルフをスカウト。
ナナ「ね、だからやろう。」ジョー「俺たちと一緒にクラブNo.1を倒して、スポーツアカデミーNo.1を見返してやれよ。」ドルフ「うえーん、ありがたいぜよ、うれしいぜよ。こうなったら、みんなの気持ちに甘えて、一緒にやらせてもらうぜよ。」
ドルフ、FCひでまるの正式メンバーに。
ドルフ、クラブNo.1を倒していつの日か街に帰って名門エンジェルスを復活させることが目標。