読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の奏者エリン

視聴一日遅れ。

第40話 かげりゆく国

川に浮かぶ兵士と闘蛇の死骸。
船に降りたったリランとエリン。
人も獣も死に絶えるような、そういう過ち。
物の下敷きになっていた子供を助けるエリン。
真王の救助を求める侍女の声が。
キリク「なんということだ。たった一頭の王獣に、闘蛇軍がなすすべもなく骸の山と化すとは。これを見たあの方は、きっと…。」
真王を診るエリン。ダミヤの手当てもする。
応急処置はトムラやエリンたちがやってる。
キリクがダミヤの前に入ってくる。
キリクに、大きな荷物(リラン)がそのままと言われるエリン。
エリン、セ・ザンの中にイアルを発見。怪我をしている。
闘蛇の牙には毒がある。
部下達の手当てを先にするように言うイアル。
エリン(この人は、闘蛇のように戦うためだけに育てられ、戦うことだけを考え、今まで生きてきたの?そして、闘蛇と同じように、これからもその運命から逃れられないの?」
エリン、闘蛇のうろこに印がないことに気づく。
シランのせんじ薬。
イアルに、カザルム公の館には王獣ではなく馬で行くように言われるエリン。ダミヤがリランをじっと見ている。
カザルムに戻ったエリン。リランの毛についていた血を見て改めて事の重大さを認識。

大勢の人の前でリランを飛ばし、闘蛇軍を蹴散らしてしまったエリン。
その出来事を考えると、恐ろしくてたまらなくなるのでした。

カザルム河で負傷した人々は、カザルム公の館に運び込まれ、真王もここで手厚い看護を受けていました。
エリンは、闘蛇の毒に効く薬を持って、館へとやって来ていました。

イアルを真っ先に訪ねるエリン。イアルは会議中。
セ・ザンでありながら陛下の御身をお守りできなかったので、自分の身を心配していられる立場ではないイアル。
医術師の手伝いにまわるエリン。
セィミヤの元にハルミヤが怪我をしたという連絡が入る。気絶しかけるセィミヤ。
貴族達から責められるイアル。
現実を見ようとしていない者たちがこの国を動かしている限りいずれ我らだけでは真王陛下をお守りできなくなる、というハガルの言葉を思い出すイアル。
ダミヤから下がるように言われるイアル。
兵士達のために夜明けの鳥を奏でるエリン。
イアルが帰ってきた。
イアルを治療するエリン。
イアルが治療を後回しにしたことを責めるエリン。
イアルは、みんなは、エリンが霧の民の魔力を使って獣を操ったんだと思っているだろうと言う。
イアル、魔力を使うのがエリンだったら何も心配ないだろう、魔力も武力も使うもの次第だ、と言う。
謝ってばかりのイアル。
イアル「今、この国を支えている幹はもう持たぬ。われらの手ではどうすることもできぬのだと、今日はっきりとわかったのだ。大公が真王陛下への忠義の心を捨て、武力で襲ってきたから言っているのではない。俺は、この国を今まで守ってきたのは、我らセ・ザンでも大公の軍でもなく、戦を嫌う陛下の清らかさを愛してきた民の心が守ってきたのだと、そう思ってる。闘蛇という圧倒的な武力を持つこの国が他国を攻める侵略者にならなかったのは、真王陛下が心から戦を嫌っておられるからだ。そのことを見失ってしまった今のワジャクとホロンは、滅びる。我ら43人のセ・ザンはもはや、藁の壁のようなものでしかないのだ。」
話を盗み聞きしているキリク。
エリン、イアルに、あの闘蛇が大公軍の闘蛇ではないという。
エリン「大公軍の闘蛇なら、尾に、育てた闘蛇衆の村を示す印がついています。あの闘蛇にはそれがありませんでした。」イアル「その話が本当なら、あなたは、なぜ我々も知らぬ闘蛇の印のことを知っているのだ?」エリン「私は…、闘蛇衆の村で育ちました。私の母は霧の民。そして、闘蛇の医術師でした。」

エリンは、自分の育った村のこと、母が闘蛇の裁きにかけられ命を落としたこと、その後、真王領へと流れ着いたことを、イアルに明かしました。ただ一つ、母が闘蛇を操ったことだけを除いて、あとは全て話したのでした。

イアル、話すべきではないことをエリンに話してしまった。エリンもそうかもしれない。
夜になるまで話し込んだ。
その場を離れるキリク。
エリンの話が本当なら根本からこの事件を考え直さなければならない、エリンの母親のことは誰にも言わないと約束する、というイアル。
キリク、エリンが目の前で肉親を殺されたことを知って何か考え事をする。
イアル、カザルム公の屋敷を離れる。

イアルは、この国の裏に渦巻く陰謀について考えながらも、その渦中に巻き込まれていくであろうエリンのことを、思わずにはいられなかったのでした。