読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ軍曹(BSジャパン:本放送から3日遅れ)

視聴三日遅れ。

#284『ドロロ さらば小隊 であります』

近頃メキメキと頭角を現している官僚出身のエリート軍人、ゲリリ少佐。超頭脳派で最前線には現れない会議室専門の指揮官。
ケロロの指揮権剥奪。
ドロロを除隊させる命令。
血も涙もない上官。
長期休暇ということに。
ドロロがいたら確実に止められる作戦。
5日間で装置作らないと給料1年分カット。
小雪からの情報で休暇じゃないということがばれた。
信念を曲げたくないドロロ、命令を守るギロロと対決。
ドロロ「よからぬ行いには必ず天罰が下るもの。それを心に留めておくでござる。」「これが今生の別れ。」
ドロロと小雪が食べているご飯(ご飯、味噌汁、焼鮭、たくあん)がおいしそう。
ドロロが小雪に話していることと、夏美が小雪に話していることが矛盾している。
ドロロを山で見かける小雪。
小雪に全て話すドロロ。
モアまで疲労困ぱい。
試運転せずに現場投入。
予定の振動とは大幅に計算のずれ。
装置の中に銃弾の跡が。ドロロとギロロが戦った時の。
緊急事態。
小雪「ドロロも友達より信念が大事なんだね。」「今のドロロは友達より自分のことが大事なんでしょう?それと友達より命令を大事にするのと何が違うの?私はよくわからないよ…。」
自分の手柄のことしか考えていないゲリリ少佐。
助けに来たドロロ。
ドロロ忍法、結局南極烈風冷却。
ケロロ、上官の命令を無視して、作戦不備により続行不可能と判断して、装置を回収して撤退命令。
本部からの通達で、部下の犠牲を考えない言動が問題ありと判断されたゲリリ少佐は更迭。指揮権がケロロに戻った。
一段と明るい緑っぷり。